PHPで標準入力を行う方法を覚えよう

PHPで標準入力を行う方法を覚えよう今回はプログラミングサイトで必須な、PHPで標準入力を行うやりかたについてまとめました。

PHPで標準入力する方法

そもそも標準入力とは

プログラミングサイトで必ず出てくるのが「標準入力」です。

経験が無いと「何の話?」となるのでザックリと説明します。

イメージとしては、

  • コンソールでプログラムを実行したときにIDとかパスワードか聞かれますよね?
  • そのときにキーボードで文字を入力しますよね?
  • そのときの入力された文字列を読み取る機能です。(かなり大雑把)

まぁ、実物を触るのが一番わかりやすいと思います。

PHPの標準入力のサンプル その1

サンプルはとりあえず以下の通り。

<?php
//文字列の入力
echo "とりあえず入力してみてください".PHP_EOL;
fscanf(STDIN, "%s", $s);
echo $s."ですね?";

上のプログラムを作成して実行してみましょう。

実行方法はコマンドプロンプトを開いて

php hogehoge.php

単純です。最初にphpと書いて、そのあとに実行したいPHPのファイル名を書けばOKです。
※ちなみに何らかのエラーが出る場合は、「phpのパスが通っていない」か、「php自体の文法のエラー」です。

実行すると「とりあえず入力してみてください」となり、いったん止まります。

文字列を入力して、Enterを押すと、入力した文字と「ですね?」という文字列が表示されます。

イメージがつかめましたでしょうか?

PHPの標準入力のサンプル その2

こういうバージョンもあります。

<?php
while($line=fgets(STDIN)){
  echo rtrim($line)."ですね?".PHP_EOL;
}

上のプログラムを実行すると、ずっと「~ですね?」と聞かれます。

途中でやめる場合は Ctrl + Cを押しましょう。

最近、プログラミングサイトで問題を解くのが趣味です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする