スポンサーリンク

インフラエンジニアの仕事は? プログラマーとの違いは

プログラマ―に必要なサーバーのスキル

インフラエンジニアの仕事は? プログラマーとの違いはIT業界には色々な横文字の職種が多いです。

今回はインフラエンジニアの仕事内容とプログラマーとの違いを書きます。

 

スポンサーリンク

インフラエンジニアの仕事とは

インフラとは主にサーバー、ネットワークなどを指します。インフラエンジニアとは具体的にそれらを設計、構築、管理を行う職種です。

 

具体的言うと

  • サーバー設計、構築、運用、監視
  • ネットワーク設計、構築、運用、監視

細かく言えばlinuxなどのOSやネットワークの知識が求められます。

また最近ですと、AWSやGCPなどのクラウドサービスを使ってサーバーを構築することが多いため、クラウドを使用した経験のあるインフラエンジニアは引っ張りだこです。

 

プログラマ―との違いは

プログラマ―は基本的にインフラには関与しません(apacheのリダイレクトの設定やアプリケーションログの設定とかは除く)。基本的にはインフラエンジニアがサーバーを構築し、そのうえで動くアプリケーションを作るのがプログラマーです。

ですので役割が違います。

もちろん、プログラマーがインフラの知識を持っていたほうが何かとトラブルシューティングで役に立つので勉強すべきではありますが、優先するのはプログラミング言語の知識です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました