スポンサーリンク

ざっくりTreasureData解説

プログラマ―に必要なDBのスキル

ざっくりTreasureData解説 

スポンサーリンク

Treasure Dataとは

大量のデータ分析をクラウドで行えるサービスです。

 

Treasure Dataのメリットは?

導入が早い

通常、自社で大量のデータを分析する基盤を作る場合、大規模な予算と工数、エンジニアの確保が必要でした。Treasure Dataでは、あらかじめそれらの基盤が用意されているので、工数を掛けなくてもすみます。

分析がプログラマーでなくても出来る。

通常、大量のデータ分析となるとJavaなどで記述するのが普通でしたが、Treasure DataではSQL文(厳密には、HadoopをSQLライクに動かすHiveとPrestoの文とTreasure Data独自の関数(UDF))

を使用してデータを抽出できるのでプログラマーでなくても分析がしやすいです。

 

Treasure Dataを導入すべきケースは?

サイトの豊富な事例集があるので、事例を見ながら検討するのが良いでしょう。

また、Treasure Dataでは「とりあえずデータを集めて、そこから検討する」という使い方も進めているようです。

 

Treasure Dataの無料登録は?

以前は出来ていたようですが、最近では無くなったようです。

ただし、すでにアカウントがあればユーザーを招待することができるようです。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました