サイトの高速表示! Webサイトの高速する方法4つをまとめてみた。

サイトの高速表示! Webサイトの高速する方法4つをまとめてみた。大規模サイトに必須な技術と言えば、Webサイトの高速化です。

色々な手法があるのですが、基本的な考え方によって4つに分けることが出来ます。

a0960_005581

1、圧縮系

ファイルを圧縮して、容量を小さくすることでファイルの読み込み時間が減少し、結果的にWebサイトの高速化につながります。

jsファイルの圧縮、CSSファイルの圧縮、画像データの圧縮などがあります。

2、HTTPリクエスト数減少系

Webサイトが表示されるまでに、ブラウザはサーバーと何度も通信のやり取りをしています。

やり取りが少ないほど、Webサイトは早く表示されるようになります。

CSSスプライトなどがあります。

3、一気に読み込まない。

Webサイトの表示に必要の無いjsファイルなどを後で読み込むことで、Webサイトの高速化につながります。

Lazy loadやAjaxなどがあります。

4、キャッシュ系

頻繁に使用されるデータや画像、中間ファイルなどをキャッシュしておくことで、すぐに表示することができるようになり、Webサイトの高速化につながります。

mem-cacheやfastCGIなどがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする