スポンサーリンク

SPA、SSRとは

SPA、SSRとはこちらが詳しい

シングルページアプリケーション(SPA)の導入メリット&デメリット|株式会社オロ
本記事では、シングルページアプリケーション(以下、SPA)の簡単な説明に加え、具体的にどのような場面において採用するべきなのかをメリット、デメリットを交えながら解説します。

SPAとは「Single Page Application」の略で、単一のページでコンテンツの切り替えを行うWeb アプリケーションアーキテクチャの名称です。

SPAではブラウザによるページ遷移を行わずにコンテンツの切り替えなどを行うことで、ユーザー体験(UX)を大きく向上させることができます。 従来のWeb ページでは遷移時にページ全体が書き換わりますが、SPAでは JavaScript を用いてページ内の HTML の一部を差し替えてコンテンツを切り替えています。 これにより、ブラウザの挙動に縛られないUIの実現や、パフォーマンスの向上が可能になります。

SPAを用いた有名な事例はこちらです。

 

SSR(サーバーサイドレンダリングとは

Server Side Renderingについて知るべきこと。Server Side Renderingとは何か? それによって何が改善されるのか?(前編) ng-japan 2017
JavaScriptフレームワークとして知られるAngularのイベント「ng-japan 2017」がAngular Japan User Group主催で6月17日に都内で開催されました。 Angularは基本的にWebブラウザで実行さ...

どんな手法があるのか?

  • SSR(Server-Side-Rendering)
    • その名の通り、サーバサイドでフロント側の処理を行う(nodejs等)
    • そのため、ページの初期表示が早い
    • SEO対策+ページ表示速度の改善のためにSSRを行う企業は多い
    • その代わり、開発コスト高い&CPU処理能力が必要

タイトルとURLをコピーしました