Redmine、JIRA、Backlog、CandyCane、Redmineのどれがオススメ?比較して、インストールしてみた

Redmine、JIRA、Backlog、CandyCane、Redmineのどれがオススメ?比較して、インストールしてみた仕事でRedmineをいじっていて、他にも似たようなチケット管理ツールがあるのか知りたくなったので調べてみました。ついでにCandyCaneとRedmineのインストールもしてみました。

Contents

【チケット管理】Redmine、JIRA、Backlog、CandyCaneのどれがオススメ?比較してみた

「Redmine」

redminelogo

公式サイト⇒ http://redmine.jp/

使用形態:インストール型、クラウド型(注1)

有名な無料チケット管理ツールでといえば「Redmine

OSSなため自分で設定する必要があるが、設定がやや難しいとされる。

Web上で使用したいが、設定が面倒!という人のためのサービスもあるので、社内に技術者がいないとか、とにかく早く使いたいという場合は良いかも。

「JIRA」

JIRA

公式サイトhttps://www.atlassian.com/ja/software/jira

使用形態:インストール型、クラウド型

業界大手のAtlassianの製品。他のAtlassianとの製品との相性が良い。

BitBucket(ソースコード管理)、Confluence(ナレッジ管理)などの周辺ツールと統合的に管理すると非常に良い。

なお、ユーザー数に応じて柔軟なプラン設定がある。

https://www.atlassian.com/ja/software/jira/pricing 月10ドルから。

見た目がRedmineと大きく異なるので、若干分かりづらい。

※追記

知られていないだけで実はかなり色々な設定ができる。

なお、SQLに似た言語JQLを使うことでチケットのフィルター機能を拡張できる。

「Backlog」

backlog

公式サイト⇒ http://www.backlog.jp/

使用形態:インストール型、クラウド型

日本発の製品。インターフェイスが可愛らしい。

エンジニアというか、デザイナーなどの制作側の人達が良く使っている気がする。

当然だがredmineよりもカスタマイズ性は劣る。

http://www.backlog.jp/license/?ref=gnav 月1800円~。 大きく表示されていないが実は無料プランもある。

※追記

孫チケットを作ることができないため、一部の人には不評。

また私の周りではガントチャートが使いづらいとのうわさ。

APIやメールでの自動起票が出来る。

「CandyCane」

candycane

公式サイトhttp://yandod.github.io/candycane/ja/

使用形態:インストール型

見た目がRedmineにそっくり。RedmineはRubyだがCandyCaneはPHPで作成されている。

OSSなので自分でインストールする必要があるが、Redmineに比べて遥かに簡単らしい。

参考⇒ http://stackstock.net/archives/1950/

※インストールしてみました。記事の一番下に記載してます

どのチケット管理ツールを選べばいいのか?

三つとも使いましたが、機能的には大した差はありません!

選ぶときに考えるべき点としては

  • 社内に環境構築とカスタマイズ、運用保守が出来る人材がいるか?
  • 月額いくらまでなら払えるか?
  • 何人使用する予定か? また今後使用する人数は増えるか?
  • プロジェクト数は増えるか?

という点で考えれば良いと思います。

個人的には小規模、小人数なのでBacklogかなぁー、環境構築も面倒だし(適当

また、大切なことは「何を使うか?」ではなく、「全員に使ってもらえて、認識の共有が出来て、仕事の持続可能な改善ができる仕組みになっているか」だと思います、。

導入したら終わりではなく、みんながちゃんと使ってくれるまでキチンと面倒見てあげましょう。

チケット管理ツールをインストールしてみた

CandyCaneとRedmineをインストールしてみました。

【PHP製Redmine】CandyCaneをXサーバーにインストールしてみた。

PHP製のRedmine CandyCaneをインストールしてみました。

基本的にはこのブログ(http://stackstock.net/archives/1950/)を参照。

CandyCaneとは? CandyCaneがよく分かるスライド

CakePHP版Redmine CandyCaneでタスク管理を始めよう (2012/03/16) from yandod

最近のCandyCane – PHP版Redmineでタスク管理を始めよう from yandod

インストール手順

  1. SSHでログインしてもいいし、FFFTPでも、ファイルマネージャーでもいいので、とにかくファイルを設置。
  2. unzip master.zip と入力してファイルを解凍する。
  3. ブラウザで http://(インストールしたディレクトリ)/candycane-master にアクセスする。
  4. 画面が出てくるので、パーミッションの設定を直す。
  5. XサーバーのサーバーパネルのMySQLから、DBの作成、ユーザーの作成を行う。(ユーザーにはデータベースへのアクセス権を忘れずに追加しましょう)DBの情報を入力。
  6. フォルダを削除のリンクを押す。
  7. http://(インストールしたディレクトリ)/candycane-master に再びアクセスして、画面が表示されればインストール完了!!

早い・・・早すぎる・・・。

Redmineをインストールしてみた

bitnamiでXサーバーにRedmineを楽にインストールできるかやってみた

プライベートでRedmineを使用したいと思ったので、自分の借りているサーバにインストールしてみようと思った。

redminelogo

概要

簡単にインストールできるBitnami Redmineのインストーラーをレンタルサーバー上で動かせば一発OKじゃね?と思ったのでチャレンジしてみた。

手順1、Bitnami Redmineのインストーラーをダウンロード!

参考サイト ⇒ https://bitnami.com/stack/redmine/installer

上のサイトからLinux用をダウンロードするだけ。

手順2、XserverでSSHの設定!

参考サイト ⇒ http://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_ssh.php

参考サイトを見ながらやればOKだと思います。

手順3、SSH用にPuTTYをインストール!

参考サイト ⇒ http://www.adminweb.jp/web-service/ssh/index2.html

SSH接続といえばPuTTY派なので、こちらを選択。

久しぶりに使用したので、参考サイトを見ながらサクッと設定。

手順4、鍵の形式を変更!

参考ブログ ⇒ http://golorih.exblog.jp/21492310/

PuTTYで書かれているとおりのエラーが出たので、ブログのとおりに鍵の形式を変更した。

手順5、サーバーにログインしてインストーラーを実行!

参考ブログ ⇒ http://ossfan.net/setup/redmine-01.html

参考ブログにあったとおりに、インストーラーのあるディレクトリに移動して実行するだけ!

手順6、なんか403エラーが出たのでシンボリックリンク

なんか403エラーが出たぞ?

実は予定外のところにインストールしていたようだったので、強引にシンボリックリンクを貼ってみた。

そして最終結果

redmine

あれ・・・ それっぽいところまで行ったけど、リンクを押すとInternalServerErrorになるし・・・・

どうしたらええんや・・・

(以後、時間が出来たら再チャレンジしてみます・・・)

チケット管理ツールあるある

せっかくなので、チケット管理ツールのあるあるをまとめてみました。

今までいろいろなチケット管理ツール(Redmine、JIRA、Backlogなど)を使いました。

今も職場で毎日使っています。

今日は誰もが経験しているチケット管理ツールのあるあるネタをまとめてみました。

チケットを貯めまくる人

テトリスと同じように、溜めてから消すのが好きなんでしょうか?

いい加減、何かしら解答してほしいです。

せめて進捗を教えて欲しいです。

あと、チケットに書かずにメールのやりとりで連絡してくる人もいますよね。

ちゃんと使いこなしてほしいですよね・・・。

無関係な人をウォッチャーに入れる。

チェックを入れるときに間違ってしまったんでしょう。

急いでいるとありがちです。

微妙な権限設定で誤字を直せない。

直したいんですけど、なぜか権限設定が微妙でチケットは起こせるけど誤字を直せないんです。

タイトルとかステータスとか直したいんですけどねぇ・・・。

解決してもステータスを終了にしない

終わったなら、ステータス変更してくださいよ・・・

あと返信したら担当者も変えてくださいね

担当者を入れ忘れる

ちゃんと入れましょう。忘れ去られますよ・・・

意味を成さない期限

期限を知らせるメールが毎週来るけど全員無視。

一体、何のための期限を入れたんでしょうか・・・

長すぎるやり取り

ちゃんと仕様を決めてくださいよ・・・

コロコロ変えないで下さいよ・・・・

チケット上で喧嘩しないでくださいよ・・・

チケット名と内容が無関係

原因を究明していくうちに、事象と対策が全く無関係になってしまったパターンです。

また、後から追加作業を入れた場合にもありがちです。

全く何の情報も無い

せっかく情報を書くところがあるんだから書いてくださいよ・・・。

あとエビデンスとか資料も貼ってくださいね。

他のチケットの内容と混同している

それは別なチケットで対応中ですから、このチケットと混同しないで下さいよ・・・

他のチケットの仕様について、ここで聞かないで下さいよ・・・。

まとめ

チケット管理ツールを選ぶときのポイントは

  • 社内に環境構築とカスタマイズ、運用保守が出来る人材がいるか?
  • 月額いくらまでなら払えるか?
  • 何人使用する予定か? また今後使用する人数は増えるか?
  • プロジェクト数は増えるか?

また、導入したら終わりではなく、みんながちゃんと使ってくれるまでキチンと面倒見てあげましょう。ツールはあくまでコミュニケーションの手段です!

逆にツールに使われないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする