Twigで空判定、null判定をしてみるぞ

Twigで空判定、null判定をしてみるぞ空判定、null判定はよく使いますよね。

今回は、空判定、null判定についてまとめてみました。

Twigで空判定をする

{% if hogehoge %}…{%  endif %}

こうするだけで空の判定が出来ます。

ちなみに、hogehogeという変数自体が定義されていない場合はErrorになってしまいます。

そういう場合は

{% if hogehoge is defined %}…{% endif %}

にしましょう。

Twigでnull判定をする

{% if hogehoge is null %}…{% endif %}

とすればOKです。

Twigで空文字&null判定する

{% if hogehoge is empty %}…{% endif %}

とすればOKです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする