LPICとは? level1、level2、level3の問題、受験料、難易度、参考書、学習サイトについて調べてみた。

LPICとは? level1、level2、level3の問題、受験料、難易度、参考書、学習サイトについて調べてみた。Linux、Apache HTTP Server、シェルに詳しくなれる資格と言えばLPIC。

LPICの概要についてまとめました。。

LPICとは

世界中のサーバーで使用実績があるLinux。そのLinuxに関する試験の名称です。

Linuxの機能、Linuxの使い方についての知識が問われます。

レベルが3つあり、レベル1からレベル3になるにつれて、難しくなります。

LPIC レベル1とは? 受験料は?

レベル1は二つの試験で構成されています。

  • 101試験: LPI Level1 Exam 101
  • 102試験: LPI Level1 Exam 102

の二つの試験に合格する必要があります。合格するとレベル1の認定がもらえます。

なお、受験料は101, 102ともに15000円です。

LPIC レベル2とは? 受験料は?

レベル2もレベル1と同様に

  • 201試験: LPI Level2 Exam 201
  • 202試験: LPI Level2 Exam 202

の二つの試験に合格する必要があります。合格するとlevel 2の認定がもらえます。

なおlevel2の試験から受験することも出来ますが、合格してもlevel 2の認定はもらえません。

level 1の認定があって初めて、level 2の認定をもらえます。

受験料は201, 202ともに15000円です。

LPIC レベル3とは? 受験料は?

次の3つのうち、1つでも合格したらOKです。

  • 300試験:LPIC-3 Specialty Mixed Environment
  • 303試験:LPIC-3 Specialty Security
  • 304試験:LPIC-3 Specialty Virtualization & High Availability

受験料は1つで30000円です。

level1のサンプル問題

viエディタで現在編集しているファイルを閉じて、別の「newfile」ファイルを開きたい。適切なviコマンドは次のうちどれか。(全て選択)



(引用元:ping-t.com)

level 1といっても試験範囲が広いので、上記の問題はあくまで一部です。

Oracle系の試験に比べると、かなりシンプルな感じです。

LPIC level 2、level3の問題

Ping-t.comさんで問題を扱っています。

有料(クレジットカード可)ですが、LPICに限らず、CCNAなどの勉強も出来るので非常にコスパが高いです。

LPICの試験日程

CBT試験(コンピューターで受験する試験)ですので、基本的には年中受験可能です。

お近くの受験会場を選びましょう。

LPICに定評のある参考書

公式テキストが一番良いようです。

LPICに定評のある学習サイト

ping-t.com 101試験だけ無料です。102, 201, 202, 300試験は有料です。

crammedia crammediaの的中率の記事でも書きましたが、もはやカンニングです。

LPICを受験したほうが良い人

想像ですが。

  • フロントだけでなく、サーバーの知識も得たいWeb系エンジニア
  • 小規模だけじゃなく、大規模サイトを扱いたいWeb系エンジニア
  • linuxを使って、テキスト処理をしたいデータサイエンティスト

におすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする