WebプログラマーとWebデザイナーの仕事内容の違いとは

WebプログラマーとWebデザイナーの仕事内容の違いとはWebプログラマーとWebデザイナー。

似ているようですが、かなり内容は異なります。

WebプログラマーとWebデザイナーの仕事内容の違い

WebデザイナーはWebサイトのデザイン、見た目上の変更、バナーなどの画像の修正を行います。

基本的には見た目に関する仕事を行うのがWebデザイナーです。

対して、WebプログラマーはプログラミングをすることでWebサイトの機能に関する仕事を行います。

例を挙げると、ログイン機能とか、ショッピングカート機能などです。

WebプログラマーとWebデザイナーが使うツールの違い

Webデザイナーはデザイン、見た目に関する仕事を行います。

使用するツールとしてはPhotoshop、Illustratorなどです。HTMLコーディングまで行う場合はDreamweaverなどを使用します。

一方、Webプログラマーの場合、プログラムを書くためのソフトウェア(統合開発環境IDE)などを使用します。

仕事が全く違うため、お互いに使うツールについてはサッパリ分からないことが多いです。

WebプログラマーとWebデザイナーの性格の違い

Webデザイナーの方は、何度やり直してでも顧客にとって最良のものを出したいと思う傾向にあるようです。

ただ、Webプログラマーの方は、できれば無駄なことはしたくない、きちんと締め切りと仕様を決めて仕事をしたいという傾向が強いように思えます。

このため、WebデザイナーとWebプログラマーが一緒に仕事をすると、Webデザイナーは「なんでそこまで決めなきゃいけないの? なんとかしてよ」と思いますし、逆にWebプログラマーは「なんて行き当たりばったりなんだろう。さっさと決めてよ」と思い、お互いに行き違いがあることもあります。

Webプログラマーは男が多く、Webデザイナーは女性が多い

勤務先の職場に限らず、一般的にWebプログラマーは男が多く、Webデザイナーは女性が多いです。

一見出会いが多いように思えますが、Webプログラマーの男性は内向的な人が多く、あまりWebデザイナーと付き合うことは無いようです。

WebプログラマーとWebデザイナーの給与の違い

一般的にWebプログラマーのほうが給与が高いようです。しかし、Webプログラマーはどちらかと言えば裏方な仕事が多いため、あまり表に出ません。

Webデザイナーのほうが給与は少ないようですが、著名になれば自分の作った成果が見えやすいため表に出るため達成感があります。

補足:Webプログラマー、デザイナー意外にもある! Webに関する職種

Webに関する職種は結構あります。色々な職種について知っておくことで仕事がスムーズに進みやすくなります。

Webエンジニア

PHP、JavaなどWebに関するサーバーサイドのプログラマー、

JavaScriptなどを扱うフロントサイドのプログラマーを含めて呼ぶ名称です。

Webプロデューサー

Webサイトの総合監督です。

お客様との折衝、予算管理、進行管理など全てに関することを任されます。

Webディレクターとして経験を積んでWebプロデューサーになるケースが多いようです。

Webディレクター

制作(デザイン)の監督者です。デザイナー指示を出したりする職種です。

Webデザイナー

Webサイトのデザインを行う職種です。

全体のデザイン、バナーのデザインなども行います。

最近ではUXやUI、アクセシビリティなどの考え方の普及もあり、純粋にデザインだけを行うデザイナーは少なくなりつつあります。

コーダー、マークアップエンジニア

デザイナーから上がったデザインをHTMLに直す職種です。

Webデザイナーよりも、技術よりな職種です。

フロントサイドエンジニア

主にJavaScriptを扱うWebエンジニアを指します。

jQueryなどのJavaScript界隈は流行の波が激しいです。

Webマーケッター

Webマーケティング(広告の運用などに関する知識)を持つ職種です。

端的に言うなら「どのようなWebサイトを作るか、Webサイトの方向性(どのように運営していくか)」を決める職種です。

SEOコンサルタント的な役割も求められることが多いです。

SEOコンサルタント

WebサイトのSEO(検索エンジン最適化)に特化した職種です。

Webサイトのアクセス解析を行い、Webサイトに来る人がどのようなキーワードで検索してきたかなどを分析する職種です。

Webマーケッターとも役割が重なることが多いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする