BtoB, BtoCとは? ビジネスの取引形態について調べてみた。

BtoB, BtoCとは? ビジネスの取引形態について調べてみた。BtoBとか、BtoC。応用情報、基本情報やITパスポートで必ず出てきますが、いまいち理解していないので調べてみました。

そもそもBやCは何を表すのか

それぞれの頭文字を取っています。意味は次のようです。

  • B: Business (企業のこと)
  • C: Consumer (一般消費者のこと)
  • E: Employee (従業員のこと)
  • G: Government (政府、公共機関のこと)

などがあります。

B to Bの意味は

BはBusiness(企業)の略ですので、「B to B」は企業間同士の取引を指します。

法人向けのサービス業やメーカーが販売会社に商品を売ることも、BtoBです。

B to Cの意味は

Cは消費者の略ですので、「B to C」は企業と消費者の取引を指します。

いわいる小売業(スーパーなど)です。

他の取引形態は

以下のようなものがあります。

  • C to C : 消費者同士の取引(例:ネットオークションなど)
  • B to E : 企業と従業員の取引(例:社内向け販売サイト)
  • B to G : 企業と政府間の取引(例:公共工事の請負など)
  • B to B to C : 消費者向けに事業を行っている会社との取引(例:消費財メーカーと商社との取引など)

それぞれの取引形態の特徴

B to C

企業対消費者の取引です。最近ではSNSで企業の不手際が露呈する場合があります。

消費者へのクレーム対応が大事です。

C to C

消費者同士の取引ですので、少額で少量多品種の取引が行われます。

その分、トラブルも多くなります。

B to E

社員向けの販売などがあります。

実質、社員による商品買取という自爆営業などもありますので、

「本当に売れているのか」どうかは分かりにくいです。

B to G

企業と政府の取引です。

政府の担当者との接待や、膨大な書類などの管理など、一般企業とは異なる慣習があるため、

ベンチャー企業などには難しい取引形態です。

まとめ

アルファベットが何を意味しているかを理解すれば簡単ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする