「DI(Dependency Injection)依存性の注入」、「DIコンテナー」とは

「DI(Dependency Injection)依存性の注入」、「DIコンテナー」とはデザインパターンが分からない。

そんなこんなで1年間が過ぎようとしています。

勉強というのは集中して学ばないと定着しないと思うんですよね。

ということで最近はデザインパターンを学ぼうと思っています。

DI(Dependency Injection)依存性の注入とは

フレームワークを使ったことのある人なら一度は聞いたことがあるでしょう。

ざっくりとまとめると「クラスの中でインスタンスを作らずに、そとからインスタンスを引数として渡すようにしてあげましょうという」ことです。

(実例、編集中)

DIコンテナーとは

引数として渡そうとすると、引数が多くなってしまいます。

仕様変更が入った場合にいちいち変更するのは面倒です。

そこで、引数として渡すためのクラスを用意します。

これがDIコンテナーです。

要するにインスタンスを入れるための箱ですね。

(実例、編集中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする