Twigのforとifを使ってFizzBuzz問題を解いてみた。

Twigのforとifを使ってFizzBuzz問題を解いてみた。プログラミング能力を測る問題の一つで有名なものに「FizzBuzz問題」というものがあります。

twigで実際に解いてみました。

twigでFizzBuzzを解く

{% for i in range(1, 100) %}

{% if i % 15 == 0 %} FizzBuzz

{% elseif i % 5 == 0 %} Buzz

{% elseif i % 3 == 0 %} Fizz

{% else %} {{ i }}

{% endif %}

{% endfor %}

ソースの解説

range(1, 100) : 1から100までの数値が入った配列が出来ます。

これらの数値に対して、forループで取り出して、ひたすら条件分岐するだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする