Google Chromeがフリーズする原因と解決方法まとめ

Google Chromeがフリーズする原因と解決方法まとめ急にGoogle Chromeが固まるので原因と対策、解決方法を調べてみました。

Google Chromeがフリーズする原因と対策

1、ウィルス対策ソフトとの競合もしくはファイアウォールの設定

る。

ウィルス対策ソフトをアップデートor削除する。

ウィルス対策ソフト(Norton, Rapport)と何らかの原因で競合を起こしてしまい、フリーズしてしまうようです。

またファイアウォールの設定でもフリーズやクラッシュを起こすようです。

解決方法:ウィルス対策ソフトをアップデートor削除する。ファイアウォールの設定変更する。

2、拡張機能(アドオン)の競合、または不具合

拡張機能が何らかの悪さをしてしまうことがあるようです。

chrome://conflictsと入力すると、競合を起こしているかどうか調査できます。

また、アドオンによっては不具合が報告されているものもあるようですので、片っ端からアドオンを無効にしてみるのも有効だと思います。

解決方法:競合、あるいは不具合を起こしている拡張機能を無効にする。

3、PCのスペックが低すぎる。

そもそもスペック(メモリ、CPU)が足りないとフリーズします。

当然と言えば当然ですね。

解決方法:PCのスペックを上げる

4、ローカルデータ(閲覧履歴、キャッシュ、ダウンロード履歴、Cookie)の容量が大きい

ローカルデータがいっぱいになるとフリーズすることがあるようです

解決方法:ローカルデータ(閲覧履歴、キャッシュ、ダウンロード履歴、Cookie)を削除する。

以上です。

ほとんどの場合、個人的な経験で言うと、4のローカルデータを削除する方法を行えば問題ないようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする