ISTP型の特徴は器用貧乏? 適職はWebプログラマーかも

ISTP型の特徴は器用貧乏? 適職はWebプログラマーかも先日、会社でMBTI診断を受験したのですが、ほとんどがISTP型でした。

WebプログラマーってISTPに向いているのか?と思って調べてみました。

ISTP型の特徴

ISTP型の性格は、以下のとおり。

  • 冷静沈着で、単独行動が好き。
  • 刺激を受けることが好き。自分のやりたいことを優先し、なんでも試してみようとする結果、器用貧乏になりやすい。
  • 具体的な目標があると頑張れる。
  • 自分と相手の価値観を大事にする。自分は自分、相手は相手。場合によっては、よくわからない人と思われる。

基本的に「マイペース、器用貧乏」といった感じですね。

器用貧乏の特徴あるある

器用貧乏と言われるISTP型ですが、さらに特徴を洗い出してみました。

興味の幅が広い

基本的に色々なことに興味を持つ傾向にあります。

色々なことに興味を持つので、幅広い知識を身に着けることが出来るのです。

逆に興味の幅が広すぎて、1つのことを極められないのです。

一つのことを極める前に、次々と色々なことに目移りしてしまいます。

チャレンジ精神が旺盛

とにかくやりたくなったら、どんどん挑戦します。

失敗することも多いですが、経験値が多い分、人よりも色々なスキルが身についているのです。

何事もパターン化したがる

何事もパターンだと思っている。基本のパターンを身に着ければ、あとは少し応用すれば解決できると思っています。

ある程度の知識が付いたら飽きる

ある程度の知識が付いたら飽きてしまうため、それ以上の技術や知識を身に着けようと思わなくなります。

結果として中途半端なままになってしまいます。

ISTP型の適職。Webプログラマーに向いている理由

Webプログラマーの仕事の性質をざっくりとまとめると

  • 新しい技術が良く出てくる → 刺激が多い
  • PCと向き合う作業が多い → 単独行動が好き
  • 独立して働ける → 単独行動が好き

となるので、webプログラマーとの相性がいいみたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする