スポンサーリンク

プログラマーに英語は必要? 実際どうなの

プログラマ―に必要なWebのスキル

プログラマーに英語は必要? 実際どうなの先日、プログラマーって英語できなきゃだめだよね?

と言われたので、こちらにまとめました。

 

スポンサーリンク

プログラマーに英語は必要?

基本的には英語は必要ない

プログラミング自体が英語圏で生まれたせいか、英語が必要だと思われている節があるようですが、特殊な会社や案件でない限り、プログラマーが日常的に英語を使う必要はありません。

 

プログラマーに英語が必要なケース

以下のような場合は、英語が必要かと思われます。

 

海外のエンジニアに指示を出す場合

いわいるオフショア開発と呼ばれる(海外の制作会社に開発を依頼する手法)ものです。ただ、現実的には、語学が堪能な現地出身で日本がペラペラのエンジニアが多くいます。

指示を出す役割は彼らに任せることが多く、直接英語を使って指示を出す機会は、なかなか無いでしょう。

 

フリーランスとして海外から案件を受注した場合

最近ではフリーランスのためのサイトが充実しており、個人でも海外からの仕事を受けたり、出したりすることも可能です。仕事を進める以上は英語が必要です。

この場合に必要とされる英語は幅広い単語力ではなく、簡潔かつ正確にやりとりするための英語です。

相手にとって分かりやすく、平易な英語を使うことが大事になります。

 

まとめ

いずれにせよ、プログラマーで英語を必要とするシーンは多くありません。

ですので、英語についてはあまり考えなくて良いと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました