Webプログラマーの仕事内容は?

Webプログラマーの仕事内容は?

Webプログラマーの仕事内容は?

日々のWebプログラマーの仕事内容についてまとめると以下のようになります。

運用

日々のサイトの更新などを行います。

面倒な作業などを簡略化するプログラムを書いたりします。

設計

機能の追加、変更の要望を受けて、

「どのように機能を追加するか。何が必要か、どのような問題が起こりそうか」などを考慮して、設計を行います。

経験と知識が深く求められる作業です。

レビュー

設計したもの、製造したものを経験のあるリーダーやマネージャに見てもらいます。

いわいるダメ出しです。

案件の内容を理解し、どうやって作業するかまでも頭に入れておくことが大事です。

実装、製造(プログラミング)

実際にコードを書きます。

設計の質が良くないと、このフェーズで非常に時間が掛かったり、質が悪いコードが出来上がります。

テスト

作ったプログラムをテストして、バグがないことを確認します。

もちろんテストする内容がザルな場合は意味がないので、テストする内容のレビューもしっかりと行うことが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする