PHPで足し算、掛け算をループ! 1から100までの和(合計)と九九を出力するプログラムを書いてみた。

PHPで足し算、掛け算をループ! 1から100までの和(合計)と九九を出力するプログラムを書いてみた。forとwhileの違いは理解できていますでしょうか?

今回はfor文を使って、

  • 1から100までの和の合計を出すプログラム
  • 九九を計算するプログラム

を書いてみました。

1から100までの合計を表示するプログラム

<?php
$sum = 0;
for($i = 1; $i < = 100; $i++){
  $sum += $i;
}
echo $sum;

forを使うとこんな感じです。

ひねるところが無いので、誰が書いても同じになるかと思います。

$sum += $iがポイントです。

forループの中で $sum に $iの値をどんどん足して、最後に合計を出力します。

「+=」(足した値を代入する)とか「*=」(掛け算した値を代入する)という文法は便利な表現なので覚えておきましょう。

実は他のやり方でも計算できる!。

<?php
echo array_sum(range(1, 100));

関数を使うともっと簡単にできます。

まずはPHPには range()という関数があります。

たとえば range(1,100)だと、1から100までの数字が配列として出力されます。

出力された配列を、array_sum()で合計します。

(array_sumは配列の中の数値を全部合計する関数です。)

array_sumを使用するとループを使わずにサクッと計算することが出来ます。

九九を表示するプログラム

次はPHPで掛け算の計算です。まずは掛け算のループを使って九九の表を作ってみました。

こんな感じ

<?php
for($i = 1; $i < = 9 ; $i++){
  for($j = 1; $j < = 9; $j++){
    echo $i * $j ."\t";
  }
  echo PHP_EOL;
}

解説

ポイントは二重ループです。 考えるよりも感覚的に覚えてしまったほうが良いかもしれません。

なお、\tはタブを表し、PHP_EOLは改行を表します。

Related Post

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする