JavaScriptのおすすめ学習方法とは? 学べるサイト、本について調べてみた。

JavaScriptのおすすめ学習方法とは? 学べるサイト、本について調べてみた。

JavaScriptとは

ブラウザで動くスクリプト言語です。

Webで広く使用されています。

また、一部のマクロの作成にも使用されています。

JavaScriptを学べるサイトとは

「ドットインストール」

youtu.be

何も知らない状態の人にオススメなのがドットインストールのJavaScript講座です。

まずは、ここのサイトで基本的なことを学ぶのが良いでしょう。

※ちなみにですが、必ず自分で手を動かしながら授業を受けるのがコツですよ!

話を聞いているだけだと眠くなってしまいますからね!

「CODE PREP」

基礎が身についたら、忘れる前にアウトプットすることが重要です。

そのためにサイトとして最適なのがCODE PREPです。

PHPでも紹介しましたが、JavaScriptも扱っています。

実際にコードを入力しながら、自分の理解度を高めることが出来ます!

「Codecademy」

codecademy

リンクはコチラ

デザインがCODE PREPに似ていますが、こちらのほうが言語数が多いです。

しかし、英語にしか対応していませんので注意。

JavaScript以外にも豊富なメニューがそろっています!

「CodeCombat」

ゲーム感覚で学べるCodeCombatというサイトを見つけたので早速、登録して遊んでみました。

オープニング画面

Gmailで登録できます。

Clash of Clanみたいなデザインで面白そうですね

codecombat1

さっそくゲーム開始

デイリークエストみたいな機能があります。

ちなみに初回は年齢を聞かれました。

codecombat2

codecombat3

ちなみに14歳以下が圧倒的に多かったです!

ステージ選択画面

codecombat4

見た目も本格的な洋ゲーです。

ワクワクします。

装備選択画面

codecombat5

クエストをクリアするとジェム(宝石)をもらえます。

そのジェムで色々な武器や防具を買うことが出来ます。

なお、課金してジェムを買うことも出来ます。

※プログラミングスキルがあっても、装備が無いとやられるので、ちゃんと装備しましょう。

感想

最初のステージで、いわいる変数とかHello Worldが出てきません。

学習の順序が独特なので、経験者から見ると「???」という感じになるかもしれません。

ゲームとしては、グラフィックがしっかりとしていることもあり、とっつき易い感じです。

しかし、1つのステージが長く、単調なので飽きやすいかも。

あと、若干サイトが重いのもネックです。

あくまでプログラミングを始めるためのとっかかりとして利用するのが良いでしょう。

※追記

レベル8くらいになったあたりから、ループや敵を見つける関数などが出てくるので楽しくなってきました。

ちなみに、ようやく次のダンジョンにたどり着きました。

JavaScriptを学べる本

「10 x Eng」

10xEng

リンクはコチラ

「テング」と読むようです。本というか本をPCで読めるサービスです。

辞典系の本で有名な会社が手がけているので、JavaScriptだけでなくiPhoneの開発などの本も読めます。

「パーフェクト JavaScript」

上級者向けの内容ですが、とにかくコレ一冊でなんとかなるらしいです。(友人談)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする