プログラマーとSEの仕事内容と年収の違いとは

プログラマーとSEの仕事内容と年収の違いとはプログラマーと似た職種として挙げられるのがSE(システムエンジニア)です。

今回はプログラマーとシステムエンジニアの違いについて説明いたします。

プログラマーとSEの仕事内容の違いとは

ざっと仕事内容の違いを説明すると

  • プログラマーは実際にプログラミング、テストなどの作業を行う人
  • システムエンジニアはプログラマーに指示を出したり、するリーダー的役割を持つ人

です。

別な言い方をすると、

  • 実作業を行うのがプログラマー
  • プログラマーをマネジメントするのがシステムエンジニア

とも言えるでしょう。基本的には役割の違いですね。

なお、プログラマーをマネジメントする以上、それなりに技術的な知識が求められるため、プログラマー出身者がシステムエンジニアになることが多いです。

小さい規模のプロジェクトであれば、システムエンジニアが実作業をこなすこともあるため、システムエンジニア兼プログラマーということもあります。

なお、規模の大きい会社の場合、親会社の社員がシステムエンジニアとなり、子会社の社員がプログラマーという役割になることもあるようです。

(関連記事:プログラマーの適性、向いている人の性格と特徴をまとめたよ

プログラマーとSEの年収の違いとは

プログラマーもSEも共通して、会社が大きいほど平均年収が高くなる傾向にあります。

平均年収は、

  • プログラマーの場合、中小企業では約400万程度、大企業では500万程度
  • システムエンジニアの場合、中小企業では約500万程度、大企業では600万程度

が多いようです。

Web業界でも同じでマネジメントを行う管理職が高くなる傾向にあります。ということでシステムエンジニアのほうが高めのようです。

(関連記事:

おわりに

プログラマーやシステムエンジニアの仕事内容、年収の違いについて、いかがだったでしょうか?

基本的には役割が異なるので年収も異なるということですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする