スポンサーリンク

PG、SEって何の略? 仕事内容と年収の違いとは

プログラマーの仕事

PG、SEって何の略? 仕事内容と年収の違いとは求人票で見かけるPG、SEとは何の略でしょうか? 仕事内容は何でしょうか?

スポンサーリンク

PG、SEって何の略?

以下のとおりです。

  • PG:プログラマー
  • SE:システムエンジニア

プログラマーとSEの仕事内容の違いとは

プログラマーと似た職種として挙げられるのがシステムエンジニアです。

プログラマーとシステムエンジニアの違いについて説明いたします。

ざっと仕事内容の違いを説明すると

  • プログラマーは実際にプログラミング、テストなどの作業を行う人
  • システムエンジニアはプログラマーに指示を出したり、するリーダー的役割を持つ人

です。

別な言い方をすると、

  • 実作業を行うのがプログラマー
  • プログラマーをマネジメントしたり、監督するのがシステムエンジニア

とも言えるでしょう。基本的には役割の違いですね。

なお、プログラマーをマネジメントする以上、システムエンジニアにもそれなりに技術的な知識が求められます。基本的にはプログラマー出身者がシステムエンジニアになることが多いですが、規模の大きい会社の場合は親会社の社員がシステムエンジニアとなり、子会社の社員がプログラマーになることもあります。(業務系だったり医療系の会社に多い)

逆に小さい会社であれば、システムエンジニアが実作業をこなすこともあるため、システムエンジニア兼プログラマーということもあります。

少ないケースではありますが、プログラマーにもシステムエンジニア的な役割を求める会社もありますので、入社する際は事前に業務内容をちゃんと確認しておきましょう。

プログラマーとSEの年収の違いとは

プログラマーもシステムエンジニアも共通して、会社が大きいほど平均年収が高くなる傾向にあります。

平均年収は、

  • プログラマーの場合、中小企業では約400万程度、大企業では500万程度
  • システムエンジニアの場合、中小企業では約500万程度、大企業では600万程度

が多いようです。

基本的にマネジメントを行う管理職が高くなる傾向にあります。

おわりに

プログラマーやシステムエンジニアの違いについてまとめました。会社によって同じ名称の職業でも業務内容や年収が変わってきますので、入社前にちゃんと確認しておきましょう!

コメント

  1. […] (関連記事:プログラマーとSEの仕事内容と年収の違いとは […]

タイトルとURLをコピーしました