コーダーとプログラマーとの違い、Webディレクターとプロデューサーの違い、Webの職種を解説

コーダーとプログラマーとの違い、Webディレクターとプロデューサーの違い、Webの職種を解説Web業界の職種には一見すると、紛らわしいものが多いです。

今回は「コーダー」とWebプログラマーの違い、「Webディレクター」と「Webプロデューサー」の違いについて説明いたします。

コーダーとプログラマーとの違いとは

コーダーとプログラマーの仕事内容の違いとは

コーダーはHTMLコーダーとも言います。

基本的にはWebデザイナーをデザインしたものをHTML、CSSに起こす役割の人です。

それこそ、10年ほど前であればHTMLは簡単なものでしたが、最近はタグが増えたりCSSがSCSSになってsassになったりと、フロントエンドの技術動向が激しくなっているため、専門的な職種としてHTMLコーダーが必要となっています。

プロジェクトによってはデザイナーがコーダーを兼務することも多いようです。

そして、コーダーがHTML、CSSとして起こしたものを動的に出力するように実装(プログラミング)するのがWebプログラマーです。

作業の流れを書くと

  1. Webデザイナー
  2. HTMLコーダー
  3. Webプログラマー

となります。

コーダーとWebプログラマーのスキルの違いは?

上で述べた通り、コーダーは「HTML,CSS,デザイン」に関するスキルが必要です。

それに対してWebプログラマーは「プログラミング、サーバー」に関するスキルが必要です。

ということで、まったく方向性が違います。

コーダーからプログラマー、あるいはプログラマーからコーダーへ転職するとなった場合は、それなりに努力が必要とされますので、安易に考えないほうが良いでしょう。

WebディレクターとWebプロデューサーの違い

WebディレクターとWebプロデューサーの仕事内容の違い

Webディレクターは制作(デザイン)の監督者です。デザイナー指示を出したり、進行管理をする職種です。

主にデザイナーから転身するケースが多いようです。

対して、WebプロデューサーはWebサイトの総合監督です。

主な仕事内容としては

  • お客様とのスケジュールの折衝
  • プロジェクト全体の進捗管理

などプロジェクトの全体に関することを任されます。

なお、Webディレクターとして経験を積んでからWebプロデューサーになるケースが多いようです。

WebディレクターとWebプロデューサーのスキルの違い

上での述べた通り、

Webディレクターは制作寄り、

Webプロデューサーはプロジェクト管理より

ですので、Webディレクターは要件を実現するためのスキルについての理解

Webプロデューサーは予算管理、プロジェクトマネジメントついてのスキルが求められます。

その他、Webの仕事の種類(職種)の一覧

コーダー、プログラマー、Webディレクター、WebプロデューサーのほかにもWebに関する職種は結構あります。

色々な職種について知っておくことで仕事がスムーズに進みやすくなりますので、ぜひとも覚えましょう。

Webエンジニア

  • PHP、JavaなどWebに関するサーバーサイドのプログラマー、
  • JavaScriptなどを扱うフロントサイドのプログラマー

を含めて呼ぶ名称です。プログラマーよりも幅広い名称です。

Webプランナー

サイトの企画を考える職種です。

アイデアの豊富さだけでなく、企画の良さを示す説得力も大事です。

Webデザイナー

Webサイトのデザインを行う職種です。全体のデザイン、バナーのデザインなども行います。

最近ではUXやUI、アクセシビリティなどの考え方の普及もあり、純粋にデザインだけの知識だけでなく、色々な知識が求められるようになりつつあります。

フロントサイドエンジニア

主にJavaScriptを扱うWebエンジニアを指しますが、コーダーも兼ねているケースもあるようです。

なお、jQueryなどのJavaScript界隈は流行の波が激しいです。

Webマーケッター

Webマーケティング(広告の運用などに関する知識)を持つ職種です。

端的に言うなら「どのようなWebサイトを作るか、Webサイトの方向性(どのように運営していくか)」を決める職種です。

なお、自社のWebサイトにアクセスを集めるために、SEOコンサルタント的な役割も求められることが多いですが、基本的にSEOコンサルタントよりも幅広い知識が必要です。

アクセス解析士、SEOコンサルタント

Webサイトのアクセス解析、SEO(検索エンジン最適化)に特化した職種です。

Webサイトのアクセス解析を行い、Webサイトに来る人がどのようなキーワードで検索してきたかなどを分析します。

また、サイトのHTML構造を分析し、SEOを行います。

Webマーケッターとも役割が重なることが多いですが、より検索エンジンについて特化した職種です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Webの職種はかなり専門家が進んでいるため、同じWebでも職種が違えば必要な知識、経験が異なります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする